明治学院大学 法学部 公式サイト

search

レポート2018.11.12

日中韓3国交流事業を開催いたしました!

 第7回日中韓交流事業が、ソウル市立大学で開催されました。メインテーマは「共に創るアジア観光ネットワーク―Pyeongchang―Tokyo―Beijing オリンピック・パラリンピックを契機として」です。
 日本からは、渡辺充ゼミと渡部純ゼミが参加しました。各国の代表者はそれぞれのメインテーマにそって個別テーマを設定し、40分の発表と質疑応答を行い、有意義なシンポジウムとなりました。

日時:2018年8月20日①
場所:ソウル市立大学自然科学館 国際会議室
日程     

10:00-10:30  開会式
        ソウル市立大学1 
        テーマ:アジア幼少年フェスティバル
        platform-宝島を活用する観光協力促進方策-

10:30-11:10  明治学院大学1 
        テーマ:東京オリンピック・パラリンピックに
        おけるコミュニケーションのバリアフリー
        ~わっしょいjapan~

11:10-12:00  台湾国立東華大学1
        テーマ:making together the touristic culture network:pyungchang-tokyo-beijing

12:00-12:40  昼食

12:40-14:00  台湾国立師範大学
        テーマ:観光地を鉄道でつなぐ台湾と日本の協力

14:00-14:40  台湾国立東華大学2
        テーマ:sustainable travel

14:40-15:20  休憩

15:20-16:00  ソウル市立大学2
        テーマ:東アジア シニアvoluntraveling

16:00-16:40  明治学院大学2
        テーマ:オリンピック島建設計画

17:00-     閉会式、晩餐会

②
日の丸を背負っています。

③
今年は3カ国4大学7チームです。

④
ソウル市立大の班からシンポジウムが始まりました。
アジア各国が情報共有できるWebページを若者向けに作り相互理解を促すという発表内容でした。

⑤
より良い発表になるよう、始まる前に最終確認をしている渡辺充ゼミです。
内容は「言語のバリアフリー」です。

⑥
これが今年の渡辺充ゼミのTシャツデザインです。
合言葉「わっしょい」がテーマです。

⑦
渡辺充ゼミの発表です。
ゼミ長の押切君が韓国語と英語を組み合わせたあいさつで関心を誘います。

⑧
ピクトグラムに言語の障壁はない。和田さんが解説しています。
⑨
尾原君と鶴田さんがソウル市立大の学生に協力してもらい、秘密兵器コミュニケーションボードの実演です。

⑩
桐原君が他のチームに質問をしています。鋭い意見です!

⑪
ソウル市立大が昼食を用意してくれました。一部辛い料理があるのでご注意を!

⑫
東華大の発表は、3か国の共通の文化に言及し、交流を促す内容でした。

⑬
台湾国立師範大学は、アジアのローカル鉄道から交流を図る発表をしました。

⑭
最後は渡部純ゼミの発表です。
オリンピック島で「いつでもどこでも」をコンセプトに発表を栗島君が展開しています。
⑮
政治学科らしい政策的観点から太田さんが発表しています。

⑯
無事全ての発表が終わりました。みんなで記念撮影です。

⑰
発表の後は体育館でパーティーでした。渡辺充先生が挨拶をしています。

⑱
翌日は、板門店での研修です。渡辺充ゼミの一枚です。
実際に現地で撮った本物です!

今年のシンポジウムも閉幕です。
渡辺充ゼミ、渡部純ゼミ 共に研究成果を十分発揮し、素敵なプレゼンをしていました。新しく韓国、台湾の友人もできました。
来年も参加できれと思います!!