明治学院大学 法学部 公式サイト

search

お知らせ2021.01.14

2020年度秋学期定期試験(大学での筆記試験)実施等について

 明治学院大学法学部・法律学科は、2021年1月13日法学部教授会において、新型コロナウィルス感染者数の増大を勘案しつつも、2020年度秋学期開講の六法(憲・民・刑・民訴・刑訴・商法)および行政法(基本7法)の講義・演習科目中14科目について、大学長方針(1月7日付「緊急事態宣言の発出を受けて」の文書)を受けて、法律学の基本7法に対する学生の授業への取り組みとそれに基づく学修成果を厳正に考査することを重視し、すでに周知しているとおり、1月21日(木)~28日(木)の期間にわたり、定期試験を実施することを最終決定いたしました。

 大学教務課・健康支援センターとの協議を踏まえ、試験実施に際して、通学におけるラッシュアワーを避けられる試験時間割の設定(一部科目の試験時間繰り下げ)、3密を避ける会場設営(教室分散・ソーシャルディスタンス確保・教室定員の3分の1の入室制限・席の間隔を空けての着席・マスク着用の義務化等)、会場の消毒・換気・手洗い器の設置(トイレ以外)、試験当日の健康状態確認(接触感染リスク軽減のためWebアンケート機能を使用)など、感染のリスク回避・予防を徹底する措置を講じます。

 学生の皆さんも、試験当日まで自己の体調管理に十分に配慮して、生活するようにしてください。また、試験当日、アンケートで体調不良が認められる場合には、登校しないようにしてください。当日、体調不良等により登校できなかった場合には、所定の手続きを履践することを前提に、追試験日に受験をすることが認められます。

 なお、今回の定期試験では、新型コロナウィルス感染症影響拡大に鑑み、下記に該当する場合には、追試験の対象になり得ます。不明点や相談事項がある場合には、横浜教務課に問合せをしてください。

 

【追試対象者】

 ①通常の追試験条件に合致し、証憑※1が提出できる学生、その他学部長が特別に認めたとき

<詳細は、履修要項18頁を参照>

 ②基礎疾患等による別室受験を希望しており、その疾患について証憑※1の提出が可能な学生

 ③当日のアンケートで「はい」と回答※2したことが確認できる学生

 ■上記①②③のうち、定められた期間内に手続きを完了した学生のみ追試験受験可能とする。

※1 証憑を添付できない場合には、遅くとも1月19日(火)15:00までに、横浜教務課に申し出てください。事情説明書(書面)の提出により、追試験の受験を認めることがあります。

※2 ③については「はい」の回答がなされたアンケートが提出されていなければ受験不可。

    (医療機関受診のかわりにアンケートの回答を証憑とするため、この回答が確認できない場合は不可)

【追試験申し込み】

 期間:1月21日(木)10:00~27日(水)15:00

 方法:ポートヘボン(アンケートへの回答および証憑類を添付すること)

                                                                                                                                                                                                                                                                                 以上

法学部長   今 尾  真   

法律学科主任   伊室 亜希子