明治学院大学 法学部 公式サイト

search

ニュース2021.02.12

法律学科 西田真之准教授の著作 『「法のカタチ」から考える 法学の基礎』が刊行されました。

昨年12月に西田真之・法律学科准教授の著作『「法のカタチ」から考える 法学の基礎』(ミネルヴァ書房)を刊行致しました。西田先生は、日本法制史・東洋法制史がご専門です。法律学科1年次科目「法学の基礎」もご担当されています。本書は、新年度から西田先生ご担当の「法学の基礎」の教科書として使われる予定です。
 
(西田先生からのコメント)
これから法学の世界に足を踏み込む初学者向けに執筆した、法学の入門書になります。
現代法を学ぶ上で必ず学習する条文や判例を取り上げつつ、日本のみならず、西洋や東洋における法の捉え方を概観し、映画・落語・裁判所建築・サッカー・メジャーリーグ、といった文化的な視点をも切り口として、身近なところから読者が法学を探求することが出来るような内容となっております。
また、貴重な資料を豊富に活用することで、ビジュアル面からも法学の面白さを感じ取って頂けるように工夫しております。

出版社リンク
「法のカタチ」から考える 法学の基礎 - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社 (minervashobo.co.jp)