明治学院大学 法学部 公式サイト

search

刊行物

kankyo

「環境アセスメント法」

明治学院大学 立法研究会・行政手続法研究会 編

はじめに 常岡孝好

第1部 環境アセスメントの今日と明日

環境アセスメント制度の現状と課題 大塚直
川崎市環境影響評価条例の実施内容 緒方行治
現行アセス制度の間題点と改善点 標 博重
環境影響評価制度の経緯と現状 倉阪秀史
環境アセスメント制度の可能性と限界 ジェフリー・ゲイバ

第2部  討論 環境アセスメント制度のポイント

a 実施主体
b 実施時期 
c 住民参加
d 国と地方との関係
e 許認可等への反映
f 時のアセス 
g 海外での事業とアセス
h 「前九年の役」の再来?
i 「総合的アセス」
j 環境アセスメントと市民
k環境アセスメント法に望む
 

第3部 資料

Ⅰ中央環境審議会答申 
Ⅱ環境影響評価法案 
Ⅲ川崎市環境影響評価に関する条例
Ⅳ川崎市環境影響評価に関する条例施行規則
Ⅴ神奈川県環境影響評価条例
 

弟4部 フォローアップ

フォローアップ「環境アセスメント法」 常岡孝好