明治学院大学 法学部 公式サイト

search

在校生インタビュー

政治学科3年(2017年2月現在) 青木草太さん

社会に出て生きていくための
「考える力」を養う。

元々興味のある分野であったのと、これから社会に出ていくための「考える力」が養えると考え、政治学科を選びました。

政治学科では政治に関わる様々な要素が学べますが、政治以外に関することも学ぶことができます。例えば、「アカデミックリテラシーⅠ」という授業では、大学生として必須なスキルであるレポートの書き方が学べるので、レポートを書く機会の多い大学生には非常に役に立ちます。

青木草太さん

私は渡部純教授の「21世紀日本の政治枠組」ゼミに所属しており、その活動として「五カ国交流事業」に参加しました。
「50年後のアジア」というテーマのもと、当ゼミは日本の人口問題を念頭に遊牧民のように首都が移転することをなぞらえ、「ノマド型首都」という提案をしました。準備は非常に大変でしたが、得られる達成感は格別で非常に良い経験となりました。

将来は公務員を志望しています。公務員は公益を追求する存在であり、人のために仕事をすることが最も適している職業と考えているからです。そのため、国家試験対策室が実施している「公務員セミナー」にも力を入れて取り組んでいます。公務員試験は科目が多岐にわたり、勉強は大変ですが、着々と力がついていることを感じています。

私は1年生の頃から、これからの社会を生き抜けるように「考える力」を身につけることを目標としてきました。残りの大学生活もこれを意識して、さらに自分に磨きをかけていきたいと思っています。

プロフィール

青木草太

(あおき そうた)

東京都・若葉総合高校卒。渡部純教授の「21世紀日本の政治枠組」ゼミに所属。
キャンパスの
お気に入りの場所
白金キャンパス中庭のベンチ:
勉強疲れした時に、外の空気を吸うために利用しています。特に夕方時はとても心が落ち着く場所です。
お気に入りの本
『1984』ジョージ・オーウェル
ある日の
スケジュール

1限からあるので、6時半に起床して、7時半に家を出ます。

1時限
現代政治理論2B

2時限
公務員法

昼休み
一緒に授業を受けた友人と一緒に中華料理屋へ!

3時限
空きコマなので、図書館でゼミの準備をしたり、勉強をしています。

4・5時限
演習(渡部純教授)
ゼミの後は先生も交え、ゼミのみんなと一緒に飲み会です!