明治学院大学 法学部 公式サイト

search

在校生インタビュー

グローバル法学科1年(2019年2月現在) 松木淳也さん

自分に必要なのは英語の実践経験。
半年間の留学が今から楽しみです。

もともと英語を使って国際的な仕事をしたいと考えていたので、国際系の学部に進むことを考えていました。そんなとき、たまたま明学のホームページでグローバル法学科の新設を知り、すぐに興味を持ちました。法律の知識は将来必ず役に立ちますし、自分の通う高校でも少人数授業を体験していて、その良さを実感していたからです。

松木淳也さん

入学してみると、英検1級保持者や帰国子女など英語力の高い学生が多く、少し心配になりました。でも、それも最初だけ。学ぶうちに慣れてきて、今はネイティブの先生の話もしっかり理解できています。また、法律の勉強も簡単とはいいませんが、全員が基礎からスタートしますし、先生との距離も近いので、どんどん質問して疑問を残さないようにしています。

今の自分の課題は、大勢の前で緊張せずに英語ですらすら話せるようになること。そのためには、とにかく実践経験を積むことが第一です。2年次の秋から始まる海外留学は、自分の能力を高める最高の機会になるはずです。留学先をどこにするかは、先生や友人と相談しながら、まだ検討中。魅力的な場所ばかりなのでしばらく迷いそうですね。

プロフィール

松木淳也

千葉県立幕張総合高校卒。