明治学院大学 法学部 公式サイト

search

在校生インタビュー

消費情報環境法学科3年(2018年2月現在) 越智匠晟さん

将来の選択肢を広げるため
英語を猛勉強中。

高校時代、消費者が安心して生活を送ることができるサポートをする仕事をしたいと思っていました。消費者法等を専門的に深く学ぶことができると考え、消費環境法学科を選びました。

不動産ゼミに所属し、主に民法や土地住宅法に関連する条文を使った判例を研究しています。多角的な視点から検討し、法学者の意見を参考にしながら深く理解し、分かりやすく論理的に説明することが必要です。ゼミを通じて論理的思考力が身につきました。

越智匠晟さん

法学部は卒業に必要な単位数を3年間でとることが可能であるため、履修の組み方を工夫すれば自分の趣味や勉強に空いた時間を使えます。その空いた時間を利用し、将来、自分の選択肢を広げるために英語の勉強を始めました。通学時間を利用したり、工夫して時間を作り毎日英語に取り組むようにしています。

体育会野球部に所属し、リーグ戦でベストナインを獲得することができました。「チームとして最大の成果を出す」ことを実行し、また、周りの人たちに支えられることで達成できたと思います。そういった経験を経て、私自身も誰かを支えたいと思うようになりました。将来的には自分の強みを活かし、企業の海外進出をサポートし日本だけでなく世界各国の経済成長に少しでも貢献したいと考えています。

プロフィール

越智匠晟

(おち しょうせい)

神奈川県私立日本大学高等学校卒。「不動産」ゼミに所属。