2020年1月22日

アデレード大学

アデレードのイベント情報

自然が豊かで、人々や街全体が比較的落ち着いているアデレード。そんなアデレードでもイベントがある時には街全体が盛り上がります。留学に来ているからには勉強が一番ですが、息抜きも必要!また、イベントは国のカルチャーを簡単に知ることができる1つの手段でもあります。そこで今回はそんな魅力的なイベント情報を皆さんにお届けしようと思います。

アデレードでは毎週末さまざまなイベントが行われていますが、そのなかでも今日は一際大きなものをピックアップしていきます。

 

日本よりもクリスマスが大きな存在として扱われているアデレードでは、クリスマスの時期が近づくと同時にイベントの数もかなり増えていきます。まず、Christmas Pagent という1番初めに始まる1番大きなパレードがあり、Christmas Carol などのイベントへと続いていきます。どちらのイベントも約30万人ほどが訪れるビッグイベントです。また、この時期になるとマーケットの数もかなり多くなってきます。というのも、こちらの文化ではマーケットで売り出されるハンドメイドの商品をギフトとして親しい友達などに贈る文化があるのです。皆さんもホストファミリーに贈るギフトをマーケットで探してみるといいかもしれません。

オーストラリアは日本と季節が真逆なのでこの時期は真夏となります。自然豊かなアデレードにはビーチの数も多く、夏になると45度にまでなるので、暑さから逃れる為、多くの人々がビーチへと集まってきます。それと同時に、さまざまなビーチでいろいろなイベントが開催されます。

最後は、年越しのイベントです。日本と1時間半時差のあるアデレードでは、その分年越しも早まります。年越しの日になると、市内ではエルダーパーク、ビーチではグレネルグ・ヘンリービーチなど、それぞれの場所で花火が打ち上げられます。こちらのイベントも年内最後のイベントの為とても盛り上がります。

 

今回は、大きなイベントを厳選してお届けしましたが、アデレードにはまだまだ魅力的なイベントが多くあります。もっと詳しくイベントの事でもアデレードの事でも知りたいという方がいたら、私達が運営しているInstagram、Adelaide uniのDMまで気軽にどうぞ! Thank you for reading! 😉

 

番外編: つい先日、市内のランドルモールで学生達による抗議活動が行われました。日本では、あまり報道されていないBushfire(森林火災)を発端とし、豪州政府の温暖化対策に対する批判や未だに石油産業重視の政策を行なっていることに対しての批判が豪州の地方都市でも盛り上がりを見せています。今回の森林火災は、専門家の見解で「オーストラリア史上最悪の森林火災」と言われています。この事実を知らない人もまだまだいると思います。この記事を読んだ方々に少しでも知っていただけたらと思います。

資料請求

新学科 グローバル法学科リーフレットは、
明治学院大学 法学部パンフレットに同封されています。

グローバル法学科のリーフレットをご希望の方は、下のボタンより明治学院大学 法学部パンフレットをチェックして資料をご請求ください(送料とも無料)。
また明治学院大学 大学案内(2021年度版)もご一緒に見て頂くことをオススメいたします。