2020年2月14日

リバプール大学

効率的トビカタノススメ

~3週間で、ヨーロッパ9カ国14都市~

僕の大学には、12月14日から1月5日まで、約3週間の贅沢な冬休みがありました。というのも、僕がイギリスのリヴァプール大学を選んだ本当の理由は、冬休みにヨーロッパを周遊することでした。僕はいかにこの3週間を効率的かつ、安い費用で回れるかを目標にし、計画を立てました。ここからは僕がどのようにしてヨーロッパを旅したかをまとめていきたいと思います。

この「ユーレイルグローバルパス」を使えばヨーロッパ35カ国‘’列車‘’で回り放題です。使用期間は購入するときに自分で選べ、またその期間によって値段も変わってきます。僕が購入したのは3週間の使用期間でした。運よくブラックフライデーも重なりかなり安く買えました。このパスはヨーロッパ各国の国際列車を券を見せるだけで無料で乗り降りできます。

僕はロンドンからスタートして、

フランスパリ)→ベルギーブリュッセルアントワープ)→オランダアムステルダム)→ドイツケルンミュンヘン)→チェコプラハ)→オーストリアウィーン)→ハンガリーブダペスト)→オーストリアザルツブルク)→イタリアローマミラノ)→スイスツェルマット)→フランスパリ)→イギリスロンドンリヴァプール)という流れでした。

寝床はというと、その国に行く前日の電車の中で、携帯のアプリを使い予約してました。場所も値段もオプションも自分の好きなように選べるので、基本ストレスなしで旅ができましたと思います。また僕は主にホステル(1部屋6人みたいな)を選んでいたので、一泊2000円以内で、場所によっては朝食もついているし、本当にたくさんの人に会い、寂しさも感じることもなく素敵な時間を過ごせました。

最後になりますが、この旅の醍醐味は、歴史的な建造物を見ることや奇麗な景色を眺めることなんかより、色んな人に出会って、たくさん会話することでした。一つの国にゆっくり滞在するより、たくさんの国を回りたいという人には僕のようなやり方をぜひお勧めします。

(K.G)

資料請求

新学科 グローバル法学科リーフレットは、
明治学院大学 法学部パンフレットに同封されています。

グローバル法学科のリーフレットをご希望の方は、下のボタンより明治学院大学 法学部パンフレットをチェックして資料をご請求ください(送料とも無料)。
また明治学院大学 大学案内(2021年度版)もご一緒に見て頂くことをオススメいたします。