明治学院大学法学部グローバル法学科
アドミッション・ポリシー

グローバル法学科は、教育目的・目標に掲げる人材を育成するために、次のとおり「入学者の受入に関する方針(アドミッション・ポリシー)」を定めます。

(a) 求める人材像

  • ・知識・技能、思考力・判断力・表現力等において、高等学校等で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
  • ・急速にグローバル化する政治・経済・文化状況に関心をもち、
    ①柔軟な異文化理解力と
    ②実践的なコミュニケーション能力に裏付けられた
    ③法的な解決能力を身につけた上で、「世界市民」として国境を越えて活躍しようとする高い志をもっている。
  • ・英語に対する強い関心と潜在的な能力をもっている。

(b) 入学者選抜の基本的方針
本学科の求める人材像を考慮しつつ、以下の評価を行います。

  • ・入学者選抜は、知識・技能、思考力・判断力・表現力等において高等学校等で修得すべき基礎的な能力等を
    身につけているかについて評価します。
  • ・入学後の教育課程に対応できる姿勢を有しているかについて評価します。

(c) 入学者選抜の種類と評価方法

  • ・入学者選抜は、筆記試験および面接試験あるいはいずれかを行い、入学者選抜の基本方針に則って評価します。

資料請求

新学科 グローバル法学科パンフレットは、
明治学院大学 大学案内資料(2018年度版)に 同封されています。

グローバル法学科のパンフレットをご希望の方は、下のボタンより明治学院大学 大学案内資料(2018年度版) をチェックして資料をご請求ください。また法学部ガイド2018のパンフレットもご一緒に見て頂くことをオススメいたします。