明治学院大学 法学部 公式サイト

search

国家試験対策室

シラバス

消費者資格講座 消費経済

講師

妹尾 芳彦 先生

(1)授業概要

 試験に直結した講義を行う。経済学を一から始めるのではなく、出題傾向から抽出した事項を優先して解説する。経済一般のような理論的出題は、背景と意味を解説し、例題を解いて慣れていくように指導する。知識的出題は、出題傾向を念頭に置きながら通信講座テキスト(日本産業協会)を参考にして、重要用語を多く提示し、意味を解説する。

(2)学習目標

 問題に対処できるだけの基盤を造るのが目標。基盤とは、頻出理論の確実な理解と頻出用語の幅広い知識。さらに、日本経済の大きな流れの把握、最近の内外経済の重要問題の知識等も大切である。

(3)授業計画

内容
第1回 ミクロ経済Ⅰ-需要と供給
第2回 ミクロ経済Ⅱ-市場における需要と供給
第3回 ミクロ経済Ⅲ-消費行動と企業行動
第4回 ミクロ経済Ⅳ-市場の効率性
第5回 ミクロ経済Ⅴ-市場の失敗
第6回 マクロ経済Ⅰ-国民所得決定の理論
第7回 マクロ経済Ⅱ-財政政策・金融政策の効果
第8回 マクロ経済Ⅲ-経済の変動と雇用・物価
第9回 国際経済の基礎-貿易理論・外国為替市場・世界経済トピックス
第10回 日本経済の歩み-経済成長と消費生活
第11回 経済統計Ⅰ-主要な統計とその特徴
第12回 経済統計Ⅱ-経済統計の扱い方

(4)教科書・参考書

 教科書:教材プリント(最近の重要キーワード、各回の頻出用語を出題形式で解説した資料などはその都度配布する)
 参考書:「高校生から分かるマクロ・ミクロ経済学」(菅原晃、河出書房新社)
     「知識ゼロからの経済学入門」(弘兼憲史、幻冬舎)
     「ミクロ経済学入門の入門」(坂井豊貴、岩波新書)

(5)授業に向けての準備・アドバイス

 参考書に挙げた3冊は読むと良い準備になるし、講義と並行して読むのも良い。教材プリントの中に例題を入れるので、納得行くまで考えて解くことが応用力を養う上で大切。過去問練習は一定期間を開けて複数回行い、解説を熟読することが大切。

詳細情報

開講科目の詳細

開講スケジュール

リンク集