明治学院大学 法学部 公式サイト

公務員セミナー

講師詳細情報

高田 智美 先生

no image

科目名

基礎力養成講座 民法(家族法)

経歴

 中央大学法学部法律学科を卒業し、同大学大学院博士前期課程(民事法専攻)を修了。市役所等に勤務した後、明治大学法科大学院に入学。同大学院修了後、司法試験に合格。平成20年に弁護士登録。
 平成20年から司法試験指導を行い、平成22年から明治学院大学にて公務員試験指導を始め、現在に至る。

授業の進め方・学生の心構え

 家族法からの出題数は少ないものの、公務員試験にはほぼ毎年出題されており、その出題範囲も広範囲に及ぶことから学習の難しい分野である。しかし、重要条文や各制度の趣旨などを正確に理解すれば、得点源となり得る分野でもある。そのため、授業では過去に出題された条文や制度を正確に理解し、重要判例も確認しながら、より効率的に知識を習得できるようアドバイスをする。
 具体的には、「新スーパー過去問ゼミ」の各テーマの最初に記載されている「POINT」をもとに基本知識を確認し、その後、過去問を解くことにより基本知識の理解を深め、同時に正解に辿り着くための問題の解き方を習得する。
 本授業で家族法の学習が完結し、講義終了後には一人でも多くの受講生が得意分野になることが目標である。そのためには、予め各テーマの「POINT」を読み、条文や用語の確認、疑問点の抽出をしておく必要がある。

学生に一言

 公務員試験は科目数が多いため、家族法の勉強に費やせる時間はあまりない。その中で何ができるか、何をすべきかをまず考えてほしい。

指定教材

『新スーパー過去問ゼミ6 民法Ⅱ(債権総論・各論 家族法)』実務教育出版
※六法は、必携。

詳細情報

開講日程と教室

公務員セミナー

リンク集