明治学院大学 法学部 公式サイト

search

大学での4年間について

山本 未来

明治学院大学法学部への御入学おめでとうございます。新入生の皆さんは,これから迎える大学生活に様々な希望を抱いていることでしょう。大学での4年間の大きな特徴は,これまでの小学校から高校までや大学卒業後の社会人としての生活と比べ,自由な時間がたくさんあることです。そのことは,大学生の特権のようにも考えられますが,この期間をどのように過ごすかが,卒業後の長い人生を決定することも多分にあるかと思います。そのため,一人ひとりが自分に責任を持って,この4年間を有意義なものにしていく必要があるのです。例えば,サークル活動に力を注いだり,希望する職業に就くことができるよう勉強に打ち込むのも良いと思いますが,どうぞ一日一日を大切に過ごしてください。
 そして,大学生となった皆さんに何よりもお願いしたいのは,この4年間で,自分で考える力を身につけて欲しいということです。大学では,これまでの教育とは異なり,幅広い分野の講義を受けることになるかと思いますが,単位取得だけを目的としたり,講義を漠然と聞いたりするのではなく,それぞれの講義内容について,自分はどのように考えるのかを常に自分自身に問うトレーニングをしてください。その積み重ねが,卒業後,主体的に生き,積極的に働く社会人になる助けとなるでしょう。私も一教員として,大学生活を通して皆さんが自分で考える力を身につけることができるようお手伝いできればと思っています。