明治学院大学 法学部 公式サイト

search

新入生のみなさんへ

中谷 美穂

慶應義塾大学 博士(法学)
担当科目  政治学基礎演習,政治心理学,社会統計学,社会調査論,演習
専攻分野 政治行動論,政治過程論

 新入生のみなさん,ご入学おめでとうございます。新しい生活に向けて期待で胸いっぱいのことと思います。
 ……ところで,そもそも大学って何のために行くところなのでしょうか。
「そんなこと,大学を決めるときに考えたよ」という人もいるかもしれませんが,
「そんなことを考える余裕なかったよ」という人もいるかもしれません。
大学に受からなければ大学生活も始まりませんからね。しかしながら,今の皆さんならば立ち止まって考える余裕があるでしょう。
 大学で学ぶ意義を考えるには,社会がどのような人を求めているのかを考えることが早道かと思います。大学を卒業すれば,何らかの形で社会に貢献していくことが求められます。それは,これまで自分の受けてきた恩恵を考えたら当然のような気がします。自分たちがこの世に産まれてから,さまざまな恩恵を享受できたのも,前の世代,その前の世代,そのまた前の世代の人たちが,社会を創ってきてくれたお蔭なのですから。
 それではどのような人が社会に貢献できる,すなわち社会を「より」よくしていくことができるのでしょうか。それには三つの力が必要だと考えます。ひとつは問題を追求する力,二つ目はコミュニケーションをする力,三つ目は実行する力です。まず問題追求力ですが,社会を今の状態よりも「より」よくするためには,何らかの「改善点」あるいは「問題点」を見つけていくことが必要となります。とりわけ重要な改善点を見つけることが,社会を「より」よい状態へ持っていくことにつながるわけです。どこに問題があるか,を考えるには,何が理想的な状態か,という考えが必要です。そして問題を引き起こしている原因は何か,どうすれば改善できるのか,その方策を「考える」ことが必要となります。
 次にコミュニケーション力の必要性ですが,人はひとりでは仕事をすることができません。どのような仕事であっても大かれ少なかれ同僚や上司の協力が必要になります。人は社会の中で共同作業をしているのです。そうした時に,いかに自分の考えを相手に上手く伝えることができるか,人の意見を理解できるかが,とても重要なのです。
 最後に実行力は,考えたことを実際に決断し行動する力のことです。頭で考えているだけでは何も始まりません。何らかの決断をしてそれを実行することが,現状に変化をもたらします。
 これらの三つの力をもっていれば,どのような世界でも通用すると思います。企業人で
も公務員でも,もちろん研究者でも。みなさんには,こうした力を蓄えて社会で活躍していただきたいと思っています。
 実は,こうした力は大学生活でこそ養うことができます。高校の授業とは違い,大学は知識を詰め込む場ではありません。さまざまな授業の場で,先人の考えを学ぶとともに,自分なりに考え,自分なりに答えを出していく,そうした考えるプロセスを学ぶ場です。特にゼミナールでは,より少人数で考え方の基本を学ぶことができます。したがって、ゼミに入ることを強くお勧めします。かくいう私も大学のゼミでまさに考えるとはどういうことなのかを学び,それは自分の人生を考える上でも仕事をする上でも多いに役立っています。
 それからコミュニケーション力は,大学でのゼミ活動や,サークル活動,インターンシップ,ボランティアなどで養うことができます。様々な考え方を持つ友達と同じ目的に向かって行動し,多様な意見を交わす中で,自身の考えの拙さを知ったり,相手を説得するには何が必要かを学んだり,どうやったら合意に達するかを学ぶのです。ですから,勉強に没頭するだけでなく,他人との触れ合いにも、ぜひ目を向けてください。
 また大学生活では,毎日をどう過ごすのかが自分の決断にかかっています。必修科目はあるものの選択できる科目が多数設置されていますから,どの科目を選び学ぶのかといった決断から始まり,授業外の時間をどのように使うのかに至るまで。可能性は無限にあります。海外の大学に留学する,ボランティアをしてみる,読書に没頭する,サークルに入る……など。この大学で何ができるのか,どのようなサポートがあるのか,ぜひ入学案内を熟読し,大学の諸制度をフル活用してください。そして自分なりに目的を設定して,さまざまな決断を繰り返してください。そのようなことを繰り返すうちに,実行力は自ずと身についていくと思います。
 上記のような三つの力を養うことに加えて大学生活で必要なことは,将来,自分が何をやりたいか,を見つけることでしょう。どのような形で社会に貢献したいか,企業人なのか公務員なのか研究者なのか。しかし、これだけは大学で教えることはできません。なぜならこれは皆さんが見つけることなのです。どうやったら見つけられるか,さまざまな方法を試してみてください。登録している授業の中でどのような内容が面白いと思うのか,インターンをしてみてどのような大人になりたいと思ったのか,他人はどう考えているのか,どのような場所が自分の能力を高められると思うのか,これまでの約20 年の人生を振り返ってどのようなことをしている自分が一番落ち着くのか,楽しいと思うのかなど。
 最後に,大学生活は,その後の豊かな人生にもつながります。大学の時に得た友人は,利害なく付き合える一生ものです。苦しい時,自分の支えにもなってくれる友達は本当に何にも替え難いものです。また自分のために自由な時間を使える時は,今しかありません。社会人になれば,お休みもそうそう長くはとれませんからね。長期間の自由な時間を使って,自分が考える「今しかできないこと」にぜひトライし,様々な刺激を受け,大いに成長してください!

 主要著書
  『日本における新しい市民意識―ニュー・ポリティカル・カルチャーの台頭』
慶應義塾大学出版会,2005 年
  『地方分権時代の市民社会』(共著)慶應義塾大学出版会,2008 年