明治学院大学 法学部 公式サイト

search

海外武者修行のすすめ

池本 大輔

 新入生のみなさん,入学おめでとうございます。私は2010 年に明治学院大学に赴任し,国際政治学と国際組織論の講義を担当しています。2002 年から2006年までの四年間,イギリスのオックスフォード大学に留学して,博士号を取得しました。私自身の個人的な経験を踏まえながら,明治学院大学法学部で学生生活を送ることになったみなさんに,若い頃に日本の外に出ることの重要性を訴えたいと思います。
 私が中学生から高校生になる頃,世界は激動の時代を迎えていました。冷戦が終わり,ソ連や東ヨーロッパ諸国では社会主義体制が崩壊,それまで分断されていた東西ドイツは統一しました。半永久的に続くかと思われた秩序が雪崩をうって崩壊し,国際環境の変化が多くの人々の人生を一夜にして変える様は衝撃的でした。今から振り返ってみると,そのような激動期を若い時に経験したことが,その後国際政治学の研究者となるきっかけだったのかもしれません。
 冷戦が終わったあとに生まれたみなさんが,今では大学生として明治学院で学ぶ年齢になりました。月日の経つのは早いものです。残念なことに,みなさんが生まれたあと,日本の経済力や世界における地位は低下の一途をたどっています。それもあってか,国際政治の講義をしていても,日本の外で起きていることに対する受講者の関心はそれほど高くないように思えます。ましてや,海外に留学したい,国際公務員などの形で国際的なキャリアを歩みたい,という人の数は少ないのではないでしょうか。これは何も明治学院に限定された事態ではないようです。たとえば,最近海外の大学に留学する日本人学生の数が減少し
ていることがメディアでたびたび取り上げられ,今の若い世代は内向的であると
嘆かれています。
私には「最近の若者は」という人々の尻馬にのって,みなさんを批判するつもりはありません。留学を経験したものとして,それが金銭的に高くつくだけでなく,必ずしも就職やその後のキャリアを助けるものではないことをよく承知しているからです。日本の非常に硬直した労働市場のもとでは,とにかく新卒時に就職先を確保するのが最優先の目標になるのはやむを得ません。最近では語学力を重視する企業も増えたとはいえ,留学していて就職活動のシーズンを逃せば,不利になることは否めません。その意味で,今の日本社会の枠組みを前提とする限り,留学しないという選択はむしろ「合理的」な選択だといえるかもしれません。
 それでも私がみなさんに日本の外に出ることをすすめるのには理由があります。それは,高度成長期にできた現在の日本社会の仕組みはあまりにも多くの問題に直面しており,この先長く続くことはあり得ないからです。少子高齢化に伴う年金制度の危機,産業界の国際競争力の低下,雪だるま式に膨らむ財政赤字など,日本は,今の社会のあり方を抜本的に見直すこと抜きには解決するのが難しい,数多くの問題を抱えています。
 社会というのは,あくまで人間がつくりあげたものであって,自然にできたものではありません。たとえ私たちの住んでいる社会がどれほど不変のように見えたとしても,決してそのようなことはありません。冷戦の終焉や社会主義体制の崩壊は,それを何よりもよく示しています。狭い日本の社会の殻に籠もり,その仕組みに自己を適合させることで「合理的」に生きようとしても,仕組み自体がいつまで続くかわからないのです。みなさんの中で一人でも多くの人が若いうちに日本の外に出て,日本以外の社会を知り,そこに住む人々との交流を深めることを期待します。そうすることで,これからの日本が進むべき道について新たなアイデアが芽生えてくるのではないでしょうか。みなさんが変化や失敗を恐れず,若者らしいチャレンジ精神を持って大学生活を送ることを,心から期待しています。