明治学院大学 法学部 公式サイト

search

身近な問題から考える消費者法

角田 真理子

 新入生の皆さん。ようこそ,明治学院大学法学部へ。
 皆さんは,大学生であるとともに消費者でもあります。大学生をねらった悪質商法やネット関連の消費者トラブルも多く,消費者法を学ぶことは,学ぶ分野としてだけでなく,賢い消費者として自立するという経済生活上も大きな意味も持つことになるでしょう。
 本学法学部には,学科名に「消費」を関する法学部としては全国唯一の消費情報環境法学科があり,今後ますます重要な分野となる消費者法を総合的かつ体系的に学べるカリキュラムが用意されています。基本的な講義科目の他,消費者法の立法や執行担当者等による講義や消費情報環境法学科独自の実務家による演習,消費者団体や地方消費者行政(消費生活センターなど)を対象にしたインターンシッププログラムなど充実した体制が用意されています。国家試験対策室では,資格取得を推奨する大手企業も多い消費者関連資格(「消費生活相談員」(国家資格)、「消費生活アドバイザー」)を取得するための課外講座も開講しています。
 消費者法は,身近な問題から興味を持つことができ,また,多方面からのアプローチが可能で,多様な分野に広げて学ぶことができる法分野です。身近な人の被害経験や新聞記事から,特定の問題に関心を持ったという学生や判例分析で,判決文や判例評釈などに加えて,商品やサービスの仕組みや法規制の経緯,業界の実情などを調べて行くうちに全体の問題や海外の法制などにも興味が広がったという学生もいました。興味を深めて、消費者関連の団体に就職を希望する学生も少なくありません。
 私は,この大学に来る前は,独立行政法人の国民生活センターに長年勤務し,主に消費生活相談対応などの実務を行ってきました。また,複数の大学で非常勤講師として消費者法を教えてきました。そこで,法律問題を現実に起こった事例から解決するという思考方法と,消費者関連を中心とした情報の収集と分析の手法を身に付けて来ました。大学で学ぶということは,与えられてやるのではなく自分で探求して行くことであり,ただ正解を求めるのではなく自分で考える過程が大切なのです。
皆さんとともに,経験を生かしてともに学んでいくのを楽しみにしています。
 消費者法に興味を持つ契機となりそうな手軽で面白い本として,宮部みゆき『火車』(新潮文庫),『ペテロの葬列』文春文庫,池井戸潤『空飛ぶタイヤ』(講談社文庫),斉藤友彦『和牛詐欺』(講談社)などがあります。読んでみてください。