明治学院大学 法学部 公式サイト

search

教員詳細情報

葛谷 彩

政治学科所属

葛谷 彩 准教授

KUZUYA, Aya

1970年生まれ

担当科目

【担当科目】国際政治学、政治学基礎ゼミ、国際関係史、政治史、演習
【オフィスアワー】毎週木曜日2時限目、場所:教員ラウンジ(授業時に要予約)
【国際関係史の概要】現代の国際関係を理解するためには、国益や理念だけでなく「文明論」的次元への洞察が必要です。ドイツの文明論を再評価しつつ、国際関係のダイナミクスを解明します。

専攻・研究分野

国際政治学、ドイツ国際政治思想

最近の研究テーマ

戦後日独のリアリズム国際政治論の比較

主な発表論文・著書

【著書】
「20世紀ドイツの国際政治思想―文明論・リアリズム・グローバリゼーション」(南窓社)2005年3月。

【論文】
1.「シュペングラー『西洋の没落』再読―ポスト冷戦から見た『西洋の没落』―」『法学論叢』第143巻6号、46頁-67頁、『同』、第145巻5号、77頁-98頁。1998年9月、1999年8月。
2.「ドイツの国際関係論―リアリズムとアイデンティティーの位相―」『法学論叢』、第150巻2号、63頁-84頁、『同』、第151巻1号、47頁-74頁。2001年1月、2002年4月 。
3.「リアリズムと文明論の交錯(Ⅰ)(Ⅱ)―Hans-Peter Schwarzに見る20世紀末ドイツの国家理性論の射程―」『政治経済史学』第457号、1頁―25頁、『同』第458号、35頁―65頁、2004年9月、2004年10月。
4.「60年代西ドイツの「国家理性」論―ヴァルデマール・ベッソンの議論を手がかりに」『明治学院大学法学研究』第83号、61頁―119頁、2007年8月。
5.「ナチス時代の強制労働者補償問題ー『終わることのない責任』?」、『社会科学論集』49号(愛知教育大学地域社会システム講座)、2011年3月。
6.「『二人の臆病な巨人?』再読ー戦後日独外交安全保障政策比較試論」明治学院大学法学研究第92号、2012年1月。

ゼミについて

テーマ

歴史の中で国際関係を考える

概要

この一年であなたが最も関心をもった国際問題は何であろうか。北朝鮮の核ミサイル問題は連日メディアで報道され、アメリカのトランプ大統領のツィートや一挙手一投足はアメリカ国民を賛成派と反対派に分断させ、その猫の目のように変わる発言や政策は、日本をはじめとする同盟国を振り回し、そうした反響も含めてメディアを通じて増幅された。一見すると情報が溢れている中で、あなたはなぜ最貧国同然の北朝鮮が核ミサイルを開発しているのか、なぜトランプ大統領があれだけ暴言を吐いているにもかかわらず、支持率を一定数維持しているのか、理解しているであろうか。こうした問題の深い背景を理解するためには、現在と距離を置き、そうなるに至った歴史を学ぶ必要がある。本ゼミでは、国際問題について歴史的視点から考えることを目的として、関連図書を講読する。ゼミで行う内容は基本的にゼミ生の関心に即して決まる。原則として新書の場合は毎週1冊、単行本の場合は2週間で1冊のペースで講読する。ゼミ生からの積極的なアプローチがなければ何も進まない。逆にそれがあれば、文献講読の他、ディスカッションやフィールドワーク、外部ゲストの講演なども行うことができる。「求めよ、さらば与えられん」が本ゼミの基本方針である。

教科書・参考書

ゼミ初回に文献リスト(国際政治・経済・文化に関するもの)を用意するので、 各自の関心を聞いた上で決定する。

ゼミ生の声