明治学院大学 法学部 公式サイト

search

教員詳細情報

高橋 順子

消費情報環境法学科所属

高橋 順子 准教授

TAKAHASHI, Jyunko

京都生まれ

担当科目

【担当科目】情報処理、情報科学、コンピュータリテラシー
【オフィスアワー】サバティカル中 
【情報処理の概要】高度に情報化が進んだ現代社会に必要な情報リテラシーを身につけるため、情報科学の知識とコンピュータを用いた情報処理技術を基礎から応用レベルまで学んでいます。

専攻・研究分野

天文化学、計算科学

最近の研究テーマ

星間塵氷表面上からの一酸化炭素分子の光蒸発過程についての理論的研究

主な発表論文・著書

【著書】
・「ゼロからわかる Perl言語 超入門」, 高橋順子, 技術評論社, 2011年3月25日

【論文等】
・「Hope College交換教授体験記」, 高橋順子, 白金法学会会報, 2006年, 第10号, 85-90頁.
・「コンピュータで探る宇宙の塵と水素分子の光」, 高橋順子, 明治学院大学教養教育センター付属研究所紀要「カルチュール」, 2007年, 第4号, 130-140頁.
・「Infrared Emission Spectrum of Interstellar Molecular Hydrogen Formed on the Surface of Dust」, Junko Takahashi, 9th European Conference on Atoms, Molecules & Photons (ECAMP IX), 2007年, Th-4.
・「Sticking Coefficients of Molecular Hydrogen on Amorphous Ice Using Molecular Dynamics Simulations」, Vijay Veeraghattam, S. P. Lewis, P. C. Stancil, and Junko Takahashi, Bulletin of the American Physical Society, 2011年, 第56巻, 第5号, Q1.111.
・「Molecular Dynamics Study of the Photodesorption of CO Ice」, Marc C. van Hemert, Junko Takahashi, and Ewine F. van Dishoeck, The Journal of Physical Chemistry A, 2015年, 第119巻, 第24号, 6354-6369頁.

ゼミについて

テーマ

ゲームプログラミング研究

概要

本ゼミでは、コンピュータを用いた情報処理技術の応用として、オリジナルなコンピュータゲームの制作を目指します。春学期はC#言語による中級以上のプログラミングができるようになるための基礎演習とゲーム統合開発ツールUnityを用いた実践的なゲーム制作演習を行います。夏休みのゼミ合宿から、コンピュータグラフィックス、カードゲーム、ロールプレイングゲーム、シューティングゲームなどのより高度なプログラミングテクニックについて学び、最終的に応用作品としてオリジナルなコンピュータゲームのプログラムを制作していきます。

ゼミ生の声