明治学院大学 法学部 公式サイト

search

教員詳細情報

高橋 文彦

グローバル法学科所属

高橋 文彦 教授

TAKAHASHI, Fumihiko

1956(昭和31)年8月12日

担当科目

【担当科目】法思想史1法学の基礎、グローバル基礎演習1、Introduction to Japanese Law、
 法哲学1、法哲学2、法思想史1、演習
【オフィスアワー】毎週金曜日12:30~13:15(白金)、場所:白金教員ラウンジ
 (メールにて要予約)
【法哲学2の授業概要】法哲学とは,法および法的現象について哲学的な視角から研究する学問であり,通常,(1)法の一般理論(法概念論),(2)法律学方法論(法認識論),(3)法価値論(法理念論)という三つの領域に区分される。本講義においては,これら三つの領域における基本問題について,ケルゼン,リアリズム法学,批判法学,ハート,ラズ,ドゥウォーキン,法と経済学,ロールズ,ノージック,サンデルなどの見解を紹介しつつ,批判的な視角から考察を加える。

専攻・研究分野

比較法思想、法哲学

最近の研究テーマ

法的思考の論理、自然法論(特に「黄金律」の歴史と論理)

主な発表論文・著書

【著書(単行本・単著)】

『法的思考と論理』(成文堂、2013年)

 

【著書(単行本・共著)】

『フレッシャーズ法学演習』(中央経済社、2016年)[第7章と第8章担当]

「法実証主義への挑戦:フラーの「法の内面道徳」とドゥオーキンの「純一性としての法」」森村進編『法思想の水脈』(法律文化社、2016年)[第12講担当]

「法律家の「論理」―法的な"argument"およびその"defeasibility"について―」亀本洋編『岩波講座 現代法の動態6 法と科学の交錯』(岩波書店、2014年) 

"Recht, Gesetz und Logik in juristischer Argumentation: Bemerkungen zu den Theorien von Toulmin, Alexy und Neumann", E. Schweighofer et al. (Hrsg.), Zeichen und Zauber des Rechts: Festschrift für Friedrich Lachmayer, Editions Weblaw, Bern 2014. 

「自己・所有・身体―私の体は私のものか―」森田成満編『法と身体』(国際書院、2005年)

「生命倫理における直観と論理―ヘアによる人工妊娠中絶問題への「黄金律論法」の適用とその問題点―」山崎喜代子編著『生命の倫理―その規範を動かすもの』(九州大学出版会、2004年)

 

【主な論文】

「統一テーマ「民事裁判における「暗黙知」―「法的三段論法」再考―」について」および「シンポジウム概要」『法哲学年報2013年度』(有斐閣、2014年)

「「法論理」再考―三段論法から対話的なデフォルト論理へ」『法学研究[慶應義塾大学]』第82巻1号(2009年)

「法的思考と法論理学―シャーロック・ホームズのように「論理的」に考える」『法学セミナー』通巻650号(2009年2月号)

「要件事実論と法論理学―法的思考の対話性と非単調性について」『法学セミナー』通巻639号(2008年3月号)

「法哲学から見た「法と対話」」『法律時報』通巻976号(2006年11月号)

"The Confucian Golden Rule: Chu Hsi's Neo-Confucian Interpretation and the Critical Arguments by Japanese Confucianists in the Seventeenth and Eighteenth Centuries", Annual Review of Law and Ethics Vol.8 (2000)

「『黄金律の倫理と論理』―普遍的倫理復権のための手がかりをもとめて―」『研究助成報告論文集(第10集)』(財団法人上廣倫理財団、2000年)

 

【主な翻訳】

R.ドゥウォーキン(共訳)『平等とは何か』(木鐸社、2002年)

E.A.クリストドゥリディス(共訳)『共和主義法理論の陥穽―システム理論左派からの応答―』(晃洋書房、2002年)

ゼミについて

テーマ

英語で「法」と「正義」を学ぶ

概要

2018年度から私はグローバル法学科に所属することになるため、ゼミの内容もかなり変わります。2018年度のゼミでは、主に英語のビデオ教材やテキストを使って、また必要に応じて日本語の補助教材を用いながら、性道徳、妊娠中絶、安楽死、クローン技術、死刑制度、テロリズムと宗教、グローバル化と世界正義などの問題について法哲学的な観点から議論します。なお、ゼミ生からの提案があれば、これ以外のテーマも積極的に取り上げます。

教科書・参考書

とりあえず、Julie C. Van Camp, Jeffrey Olen, Vincent E. Barry, Applying Ethics: A Text with Readings(Wadsworth Pub. Co., 2014) を挙げておきますが、詳細についてはゼミ選考後に説明します。

ゼミ生の声