明治学院大学 法学部 公式サイト

search

教員詳細情報

畠山 弘文

政治学科所属

畠山 弘文 教授

HATAKEYAMA, Hirobumi

担当科目

【担当科目】政治社会学,政治学,政治学基礎演習,演習
【オフィスアワー】毎週火曜日16:40~18:00、場所:研究室(自由に訪問可)
【政治社会学の概要】「19世紀型社会科学」の特徴と限界を解明するとともに、「21世紀型社会科学」のあり方を模索します。「グローバル化論」についても、比較文明論的視点から検討します。

専攻・研究分野

国家論,政治社会学

最近の研究テーマ

「動員国家論」(近世ヨーロッパ国家史論)

主な発表論文・著書

「辺境としての国家研究ー『歴史のなかの国家』論」明治学院大学法学部政治学科編『初めての政治学ーポリティカル・リテラシーを育てる』風行社、2011年。
「簡略簡便な国家史ー課題と視角の素描」『法学研究』第90号(明治学院大学、2011年)。
『近代・戦争・国家-動員史観序説』(文眞堂,2006年)

ゼミについて

テーマ

グローバルヒストリー論と国家論

概要

ゼミの課題は2つ。 1)理論的には、グローバルヒストリーという、新しくもない歴史学の潮流のなかで国家の役割はどのように考えられているのか。従来の社会科学では国家の存在意義は低かったが、その点を再考する。 2)具体的な面では、さまざまな歴史的および現在の国家をとりあげて、当該国家がどのような歴史的発展経路をとってきたかを再確認することで、国家というものの意味を探る。 卒論は、そうした関心のある国家や国家群について、理論的・歴史的・国際的な観点から特定の問題を選んで論じることから成立する。

教科書・参考書

とくにないが、今年度ゼミで読んだ一つがグローバルヒストリーの教科書、ロバート・アレン『なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか』NTT出版(原題はGlobal Economic History)

ゼミ生の声