明治学院大学 法学部 公式サイト

search

教員詳細情報

渡部 純

政治学科所属

渡部 純 教授

WATANABE, Jun

1962年生まれ、1999年京都大学博士(法学)

担当科目

【担当科目】日本政治論、現代政治理論Ⅱ、政治学基礎演習、演習
【オフィスアワー】毎週金曜日2時限目、場所:研究室
【日本政治論の概要】現代日本政治の具体的な事例に即して、それを理論的に分析します。受講生と対話型の講義も試み、学生が社会科学的な思考方法を身につけられるように努めています。

専攻・研究分野

政治学、政策過程論

最近の研究テーマ

政治過程を規定する構造的要因の解明。とりわけ国家なるものがいかに基底的に関与しているかを考察している。

主な発表論文・著書

①著書『企業家の論理と体制の構図―税制過程に見る組織と動員』木鐸社、2000年3月。
②著書『現代日本政治研究と丸山眞男―制度化する政治学の未来のために』勁草書房、2010年3月。
③論文「戦死者とナショナル・アイデンティティー国立墓地の形成過程に見る南北戦争の「語り」とreunion」明治学院大学『法学研究』第90号、2011年1月、395-433頁。
④論文「日本政治の変容と政治学ー1990年代以降の政治過程をめぐって」明治学院大学法学部政治学科編『初めての政治学ーポリティカル・リテラシーを育てる』風行社、2011年3月、87-111頁。

ゼミについて

テーマ

安倍晋三政権の研究

概要

(1)現在の安倍晋三政権は、日本内閣史に残る長期政権を実現しつつある。このような政権は、どうして可能になったのか、また、そこでなされていることは日本政治にとってどういう意味を持つのか、等について、歴史や国家間比較など、様々な角度から考察する。 (2)2018年8月後半に韓国ソウル市立大学で開催される予定の国際学生交流事業に参加する。これは各国の参加学生が相談してテーマを定め、それについて各国でチームを作って調査し、報告、討論するというものである。使用言語は日本語の予定。

教科書・参考書

ゼミ内で指示する。