明治学院大学 法学部 公式サイト

search

教員詳細情報

西田 真之

法律学科所属

西田 真之 専任講師

NISHIDA, Masayuki

1984年2月19日生まれ

担当科目

【担当科目】法学の基礎、基礎演習1、基礎演習2、2年次演習2、日本法制史1、日本法制史2、近代日本法思想史、演習
【オフィスアワー】毎週月曜日5時限目、場所:教員ラウンジまたは研究室(メールにて要予約)
【日本法制史1の授業概要】異なる歴史と文化を背景として育まれた西洋の法が、近代期にどのように日本で継受され、発展していったのか、概観する。本講義を通じ、現代法のアイデンティティを探る方法・目的を理解し、現代法の礎となっていった法継受の過程について、把握できることを目標とする。

専攻・研究分野

法制史(日本・アジア)

最近の研究テーマ

・東アジアにおける近代法継受過程の比較研究

主な発表論文・著書

・論文(単著)「学界展望:แสวง บุญเฉลิมวิภาส, ประวัติศาสตร์ กฎหมายไทย (The Thai Legal History) พิมพ์ครั้งที่ ๑๐ (Sawaeng Boonchalermvipas, 『タイ法制史』(第10版), Bangkok: Winyuchon出版, 仏暦2554年(2011年), 308頁)」『国家学会雑誌』第128巻第11・12号(2015年)

・論文(単著)「書評 矢野秀武著「近代における政教関係の開発途上国モデル-タイの政教関係に見る国家介入と公定化を事例に-」(『駒沢大学文化』31)」『法制史研究』第64号(2015年)

・論文(単著)「法文及びディカー裁判所の判決から見た近代タイにおける妾の法的諸問題をめぐる考察」『東洋文化研究』第17号(2015年)

・論文(単著)「近代中国における妾の法的諸問題をめぐる考察」『東洋文化研究所紀要』第166册(2014年)

・論文(単著)「書評 石岡浩・川村康・七野敏光・中村正人(著)『史料からみる中国法史』」『アジア法研究 2012』第6号(2013年)

・論文(単著)「学界展望:Tamara Loos, Subject Siam: Family, Law, and Colonial Modernity in Thailand (Ithaca: Cornell University Press, 2006, x+212pp.)」『国家学会雑誌』第125巻第3・4号(2012年)

ゼミについて

テーマ

法史学の探究

概要

現在、日本で我々が接する法学は、明治時代に西洋諸外国から学び取った法制度の成果を基本としている。では、過去にはどういう法の世界が広がっていたのだろうか。本ゼミでは、法史学をテーマに、現代法との比較の過程で垣間見える「法」の世界の奥深さを探求してゆく。 ゼミでは、選択した本・論文を輪読、レポーターを立て、全員で議論をする形を取る。また夏にはゼミ合宿を行う。合宿では、各人が興味のあるテーマを報告し、議論を深める。最終的にはゼミ論文を執筆しながら、各自のスキルアップを目指すが、報告・討論を行いながら、自身でテーマ設定した内容を他者に分かりやすくアウトプットすることの面白さも体感して頂ければ、幸いである。

教科書・参考書

具体的にはゼミ生の興味や関心に沿った本を選択する予定である。2017年度春学期は、池上俊一『動物裁判』(講談社、1990年)、清水克行『日本神判史-盟神探湯・湯起請・鉄火起請-』(中央公論新社、2010年)を題材に扱った。また、明治時代に出版された貴重書を実際に手に取り、中身に触れる体験も行った。

ゼミ生の声