明治学院大学 法学部 公式サイト

search

教員詳細情報

河野 奈月

法律学科所属

河野 奈月 専任講師

KOHNO, Natsuki

担当科目

【担当科目】労働法A・B、演習、2年次演習、基礎演習1・2
【オフィスアワー】毎週月曜日5時限目(春・秋)、場所:教員ラウンジ(メールにて要予約)
【労働法A・Bの授業概要】この授業では、人が働くことに関するルールである労働法について学習する。授業の中では、労働関係の開始・展開・終了の各段階で生じる問題に関するルール、労働条件の内容やその決定方法をめぐるルール、労働組合等の労働者集団と使用者との関係をめぐるルール等について、具体的な事例を交えながら検討する。

専攻・研究分野

労働法

最近の研究テーマ

主な発表論文・著書

ゼミについて

テーマ

労働政策・労働判例研究

概要

・現在の日本では、「働き方改革」の名の下、労働法の様々なルールについて見直しが進められている。そこで、今年度のゼミでは、現在のルールの下でどのような問題が生じているのか、また、将来、どのようなルールを設けることが望ましいのかということについて、①個別の判例に関する報告、または、②特定のテーマに関する報告を通じて、皆さん自身に考えてもらいたい。 ・報告の方法(個人又はグループ)は参加者の人数を踏まえて決定する。取り上げる判例やテーマは、参加者の興味関心をできる限り尊重して決定する。 (【参考】今年度の春学期は2人1組で、高齢者の雇用、育児と仕事の両立、労働時間、職場におけるメンタルヘルス対策についてテーマ報告を行った。) ・他者との意見交換を通じて様々な考え方に触れ、多角的な視点で物事を考えられるようになってもらいたい。そのため、各回のゼミでは、報告者以外にも事前準備と発言を求める。また、秋学期中にレポート課題を課すことを予定している。

教科書・参考書

参考書森戸英幸『プレップ労働法(第5版)』(弘文堂、2016年) 大内伸哉『雇用社会の25の疑問(第2版)』(弘文堂、2010年)

ゼミ生の声