明治学院大学 法学部 公式サイト

search

教員詳細情報

高田 寛

グローバル法学科所属

高田 寛 教授

TAKADA, Hiroshi

静岡県出身

担当科目

【担当科目】英米法2-1(アメリカ契約・不法行為法1),グローバル企業法,演習,グローバル基礎演習
【オフィスアワー】毎週木曜日5時限目、場所:白金教員ラウンジ(メールにて要予約)

【アメリカ契約・不法行為法1の授業概要】
日本における契約の考え方と対比しながら、アメリカの契約法について説明する。具体的な内容としては、アメリカ契約法の特徴、申込と承諾、約因の法理、抗弁、契約条項、履行及び不履行、違反、救済、第三者の権利と義務について、具体的な事例を交えながら解説する。また、実際の英文契約書の読み方・書き方についても学ぶ

専攻・研究分野

国際企業法務,国際取引法,技術と法

最近の研究テーマ

  1. 遺伝子組換え作物、ゲノム編集及び再生医療等に関する法的研究
  2. ネット上の権利侵害行為及び秘密情報に関する研究
  3. 国際取引及び国際知的財産権に関する研究

主な発表論文・著書

【著書】
『新世代の法律情報システム-インターネット・リーガル・リサーチ』(文眞堂、2006)(共著)
『Web2.0インターネット法―新時代の法規制』(文眞堂、2007)(単著)
『やさしい法律情報の調べ方・引用の仕方』(文眞堂、2010)(共著)『Q&A「国際取引のリスク管理」ハンドブック(改訂版)』(セルバ出版、2014)(共著)
『Check & Draft国際契約-英中文例集(電子出版)』(第一法規、2011)(共著)
『現代企業法務1「国内企業法務編」』(大学教育出版、2014)(共著)『企業責任と法-企業の社会的責任と法の役割・在り方-』(文眞堂、2015)(共著)
『世界の法律情報 グローバル・リーガル・リサーチ』(文眞堂、2016)(編著)
『グローバルビジネスロー基礎研修2 知的財産編』(レクシスネクシス・ジャパン、2016年)(編著)

【最近の主な論文】
「営業秘密に係る外国判決の承認執行の実務的対応-アナスタシア事件判決を例に-」富大経済論集60巻 3号(2015.3)113~142頁
「情報通信分野におけるホールドアップ問題について」企業法学研究2014第3巻1号(2015.3)15~36頁
「標準規格必須宣言特許について~3つのアプローチ~」2014銘伝大学両岸曁国際法学論壇論文集(2015.6)11~18頁
「技術情報流出を巡る各国の法規制と今後の課題」国際商事法務43巻7号(2015.7)1014~1019頁
「幹細胞を利用した再生医療における法規制と生命倫理-ES細胞とiPS細胞の利用を例に-」富大経済論集61巻1号(2015.7)1~29頁
「特定電気通信役務提供者に対する発信者情報開示請求権についての一考察」富大経済論集61巻2号(2015.12)59~90頁
「東芝第三者委員会調査報告書の検証と再発防止に向けての実務的対応」富大経済論集61巻3号(2016.3)155~190頁
「生命科学における生命倫理と特許適格性について」国際取引法学会創刊号(2016.3)53~79頁
「再生医療における生殖細胞系ゲノム編集の法規制と生命倫理」企業法学研究2015第4巻1号(2016.3)21~44頁
「プログラム・リース契約の法的性質について-民事再生手続開始の申立てを中心に-」富大経済論集62巻1号(2016.7)107~139頁
「会計監査人の独立性の限界とその解決策についての一考察」富大経済論集62巻2号(2016.12)171~201頁
「遺伝子組換え作物の法的問題について-表示規制とトレーサビリティを中心に-」富大経済論集62巻3 号(2017.3)81~111頁

ゼミについて

テーマ

グローバル企業法演習

概要

本演習では、アメリカのビジネス法について学習します。また、一通りアメリカのビジネス法を学んだ後、グローバル企業が海外の取引先と契約を締結する際の英文契約書についても学習します。 具体的には、アメリカの法律の概要、訴訟、契約法、売買法、担保取引法、事業形態、連邦証券法、破産法、債権者債務者関係、代理法、雇用関係法、反トラスト法、財産法、環境法、不法行為法、製造物責任法、知的財産法などです。 また、英文契約書については、秘密保持契約書、売買契約書、ライセンス契約書を中心に学習します。

教科書・参考書

教科書:吉川達夫=飯田浩司編著『ハンドブックアメリカ・ビジネス法』(LexisNexis、2013年)

ゼミ生の声