1. HOME
  2. 受験生の方へ
  3. 在学生VOICE
  4. 在学生インタビュー

在学生インタビュー

STORY

公務員を目標に、
夢を共有する仲間と楽しく切磋琢磨する毎日

法律学科3年

しもだ ありさ
神奈川県川崎市立橘高校卒。 (※取材日2021年冬)

中学時代に公民の授業で、他の教科とは考え方が異なる「法律」に触れたことをきっかけに、法律についてより詳しく知りたいと思うようになり法律学科を志望しました。

入学前は、法律は「講義を受ける」スタイルで学ぶものだと考えていました。しかし、1年次の春学期に、自ら判例について調べて発表する「基礎演習」という少人数制の授業を受けてイメージが変わりました。3年次からの「演習1(ゼミ)」は私が一番好きな授業で、人との深いつながりができますし、議論することにより新たな視点や考えを見つけることができます。

現在、受講している「公務員セミナー」は、比較的安価で質の高い授業を受けることができるのが大きな魅力。一緒に夢をめざす学生から刺激を受けつつ、将来公務員として働いている自分を想像しながら勉強するのはとても楽しく、自然に力を入れて取り組めます。

私が公務員を志望したのは、大学の授業で裁判所を訪ねたことで、法律を使う仕事の「かっこよさ」を実感したとともに、自分が興味を持ち続けている法律を生かして人を守りたいという気持ちが強まったから。将来は、自分の身近な人だけでなくさまざまな人を法律で助け、守り、サポートできるオールマイティーな人間になりたいと思っています。

明学での出会い、学び、これからの夢。それぞれの明学ストーリー。