明治学院大学 法学部 公式サイト

search
新入生へのメッセージ

新入生へのメッセージ

法学部の専任教員スタッフからのメッセージを掲載しております。教員自身が大学で学んだときの経験や、教えてきた経験などが盛り込まれています。このメッセージが、新入生の皆さんのこれから始まる学生生活の参考となるならば何よりも幸いです。

 

充実した4年間を過ごすためのエッセンス集

法学部長 今尾 真

以下に掲載されるエッセンス集は、法学部の先生方が、教育研究のための貴重な時間を割いて、時には自分の学生時代を振り返りながら皆さんにアドバイスをし、時には自分の人生観を披露し、時には皆さんに、この4年間の学生生活において、期待し望むところを記して下さった実に貴重なエッセンス集です。一読していただければ、充実した4年間の大学生活を送るにあたっての有益な情報がびっしり詰まっていることを実感していただけるものと思います。

大学という場は、単に知識を獲得するためだけのものではありません。本学法学部は、社会における多様なニーズに対応すべく、法律学科、政治学科、消費情報環境法学科、グローバル法学科の4学科から成り、法学や政治学を基礎として、法律、政治の仕組みや制度および消費者問題・環境問題・法情報処理ならびに英語コミュニケーション力を駆使しての異文化理解などの学びを通して、社会(状況)を観察し評価し(ときに社会に生起する問題に対して解決策を提言し)、あるべき社会の姿を追求し、それを現実化する力を身につける場であるということができます。知識があっても使い方を知らなければ、また適切に用いることができなければ、どんなに豊富な知識を有していてもほとんど無意味でしょう。もちろん、知識のないところに思考はあり得ません。先人達が築き上げてきた理論や、それらの理論と歴史的社会状況との関係について学び、充分に理解し反芻したうえで、知識として修得することが必須の作業であることはいうまでもありません。ただし、皆さんがこれから学修しようとする法や政治も、社会とともに常に変化し続ける生き物であることを常に念頭に置いておく必要があります。これらは、机上の理論・遊びの道具ではありません。社会(状況)を的確に分析し、あるべき社会のために法や政治が如何にあるべきかを検討し、かつ将来の方向性を自ら示せる力を養わねばなりません。

そのためには、法学や政治学について学ぶことが重要であることはいうまでもありませんが、それと同様に、あるいはそれ以上に、人間として成長することが重要であることを認識する必要があります。法を適用するのも、政治を動かすのも人間であり、これを振り子に譬えれば、法学や政治学は錘であり、人間が支点であるといえますが、支点がしっかりしていなければ、たとえ錘がどんなに立派でも錘は充分に弧を描くことができません。言い換えれば、社会における法学や政治学の具現の姿は、それらを適用しようとする人間の人格のまさしく鏡像であるといっても過言ではないのです。幅広い教養と、多角的に物事を観察し、分析できる広い視野を持ち、柔軟かつ創造的発想に満ちた人間味あふれる人間になることこそが最も重要なことなのです。人間性を磨かずに、法学・政治学についての知識のみに磨きをかければ、俗にいう「悪しき法律家、悪しき政治家」に堕落することになるでしょう。

皆さんがこのエッセンス集をお読みになり、少しでも、心の琴線に触れた部分を、これからの4年間の拠り所にしていただければ幸いです。
最後に、近代日本の法体系の確立に尽力した、日本民法典の父ともいえる、ボワソナアド博士の言葉を紹介いたします。「法とは何か。それを一言でいえば『人を害するな』ということだ」。この意味は、一人一人の人間にかけがえのない人格的価値を認め、一人一人の人間が、いかなる権利をもち義務を負担するかを明らかにするのが、「法の使命」であるということです(大久保安甫『日本近代法の父 ボワソナアド』〔岩波書店、1977年〕186頁)。これは、キリスト教の「汝の隣人を愛せよ」(マタイによる福音書第5章第43~44節)にも通じると思われます。すなわち、明治学院の開学の祖、初代総理のヘボン博士の後を受け、日本人として初めて第二代総理として、本学の礎を築いた、井深梶之助先生が、「汝の隣人を愛すことで、個人の人格の価値が尊重され」、「貧富、貴賤、賢愚の差別なく、各人に貴重な人格があり、各人はそれぞれ神から使命が与えられており、これを成就すべき義務と責任を負っている」(星亮一『井深梶之助伝』〔平凡社、2013年〕253~254頁)との教えにも相通ずるものです。新入生の皆さんが、本学法学部において、こうした真の法の意味を理解し、本学建学の父の教えをもとに、社会で活躍する素地を養うことを期待いたします。

scroll

全文を表示する
 

法律学科

タイトル 教員名 担当科目
学生生活を楽しもう! 福田 清明 2021年度の法学部(法と経営学研究科でも授業を持っています)での担当科目は、債権総論1、債権総論2,不法行為法、専門演習(B)民法、演習です。
大学での4年間について 山本 未来 行政法1,行政法2,基礎演習,2年次演習
議論に勝ち負けはなく,ただ… 渡辺 充 租税法,演習
幅広い教養を身につけよう 鈴木 敏彦 刑事訴訟法
「?」を発する姿勢を大事にしよう ―「法」の部首は何故サンズイなのでしょう?― 西田 真之 法学の基礎,基礎演習1,基礎演習2,2年次演習2,日本法制史1, 日本法制史2,近代日本法思想史,演習
刑法を語ろう 長井 長信
スタートライン 黒田 美亜紀 2021年度はサバティカルのため担当なし(2020年度:民事法入門,民法総則,高齢社会と法,成年後見法制,超高齢社会の成年後見法,演習)
新入生のみなさん 河野 奈月 労働法A・B,演習,2年次演習,基礎演習1・2
新入生のみなさんへ 伊室 亜希子 物権法,民法総則,信託法,演習
『人生の師との出会い』 今尾 真 民法総則,物権法,債権総論,民事法演習,演習,私法史概説
『この貴重な時』 波多江 久美子 民事法入門,基礎演習1,2 年次演習2,不法行為法,親族法,相続法, 裁判外紛争解決,家事事件手続法・人事訴訟法,演習
「勉強」ではなく「学問」を始めよう 畑 宏樹 民事訴訟法1・2,基礎演習1,民事法入門,専門演習C(民訴)
あなたは,どんな人生を生きたいですか? 菅 正広 財政金融政策論、国際金融の制度と政策、金融の制度と政策、世界経済の基礎、社会起業論、演習1等
 

消費情報環境法学科

タイトル 教員名 担当科目
そろばんと電卓 鶴貝 達政 情報処理,情報科学
身近な問題から考える消費者法 角田 真理子 消費者問題と法,消費者取引特別法1・2,法情報処理演習2,インターンシップ,演習
境界のない生き方のすすめ 高橋 順子 情報処理,情報科学,コンピュータリテラシー,演習
AI社会を迎える中で 櫻井 成一朗 AIと法,情報と法,法情報処理演習1・2,情報処理4
10年後の自分は? 酒井 一博 情報処理1
知識を知恵に変える力を 太田 和俊 情報処理1
論理的に「考える力」を身につけよう 大野 武 契約法の基礎,契約法1,物権法1・2,不動産特別法,法情報処理演習2, 演習
大学生活にあたって 大木 満 債権総論1・2,不法行為法,物権法2,契約法の基礎,ドイツ法2,演習
大学生活で得られるもの 宮地 基 憲法,法情報処理演習
新入生のみなさんへ 圓山 茂夫 消費者問題と法,消費者行政法,国際消費者法,法情報処理演習、演習
実り多き大学生活を 倉重 八千代 契約法の基礎,民法総則1,民法総則2,契約法1,契約法2,法情報処理演習2,演習
多くのフリータイム 近藤 隆司 民事執行法1・2,倒産法1・2,法情報処理演習1,演習
大学生の心得 来住野 究 会社法1,会社法2,商取引法,有価証券法,専門演習C(会社),演習
大学生活の過ごし方 井頭 麻子 環境科学、演習
新入生へのメッセージ 穴沢 大輔 刑事法入門,刑法,経済刑法,法情報処理演習,演習
 

政治学科

タイトル 教員名 担当科目
新入生へのメッセージ 佐々木 雄一 担当科目 日本政治史、現代政治理論、政治学基礎演習、演習・卒業論文など
4 年後のその日に向けて 渡部 純
自分で考えることの楽しさ 西村 万里子 政治学基礎演習,公共政策論,福祉国家論,高齢社会と法
新入生の皆さんへ 中谷 美穂 政治心理学,社会調査論,政治過程論,演習
まずは自己紹介 毛 桂榮
大学でまなぶ 熊谷 英人 政治学原論,政治思想史,現代政治理論,政治学基礎演習,演習
新入生へのメッセージ 久保 浩樹
信じて疑え! そして絶対君主との知的な対決を! 鍛冶 智也 政治学基礎演習,地方政府論,都市行政論,都政研究,公共と市民, 政府と企業
海外武者修行のすすめ 池本 大輔
自己紹介 葛谷 彩 国際政治学,政治学基礎ゼミ,国際関係史,政治史,演習
《モダンの検証》  ―動員史観の提唱― 畠山 弘文 政治社会学,政治学
 

グローバル法学科

タイトル 教員名 担当科目
輝くみなさんへ  阿部 満 【横浜】民事法の基礎1・2、法学入門、グローバル基礎演習1、Introduction to Japanese Law、契約法1 【白金】契約法2,不法行為法,演習 【大学院】不法行為法研究(修士)、環境法研究(修士)、環境法研究(博士)
新入生へのメッセージ ヴァラー・モリー グローバル基礎演習、グローバル社会から見た日本、宗教と法、演習
「正答」のない世界へ 鶴田 順 国際法Ⅰ,国際海洋法、国際環境法Ⅰ・Ⅱ,グローバル法入門Ⅰ,リスク管理と制度設計,演習(国際法研究)
「権利=法」をめぐる「闘い」について学ぶ 高橋 文彦 法学の基礎,グローバル基礎演習1,Introduction to Japanese Law,法哲学1,法哲学2,法思想史1,演習
法学との出会い…新しい自分の発見へ 高田 寛 英米法2-1(アメリカ契約・不法行為1),グローバル企業法,演習、グローバル基礎演習
経験値を上げてレベルアップを 申 美穂 国際私法,国際取引法,国際民事手続法,国際知的財産法,グローバル法入門2,Global Legal Studies, 演習
悪魔の代理人!? 東澤 靖 国際法2、演習(国際人権法研究)、グローバル基礎演習2、国際人権法、国際人道法、グローバルリーガルスタディ
「1日3547円」 蛯原 健介 EU法、憲法、ワイン法、食文化と法、演習(ワイン法)など