明治学院大学 法学部 公式サイト

search
消費情報環境法学科

消費情報環境法学科-学びの特色

学びの特色

消費情報環境法学科は、憲法、民法、刑法、商法、行政法などといった基本的な法律科目群を学ぶことに加え、実社会ですぐに役立つ先端分野の実践的な法律である『消費者法』『企業活動法』『環境法』をコンピュータ技術を活用し学ぶことで実社会ですぐに役立つ情報を収集し、処理し、発信する能力を同時に身につけることができる学科です。

先端的な法律問題を学べる

・先端的な法律問題を学べる

法律基礎科目群で法律学の基礎的な知識と考え方を身につけたうえで、3つの先端的な法律科目群(消費者法科目群・企業活動法科目群・環境法科目群)を学んでいきます。特に、現代社会の重要領域でありながら、他の法学部が目を向けてこなかった「消費者問題」や「環境問題」に焦点を合わせた、ユニークかつ実践的な科目を用意しています。

充実のコンピュータ教育

・充実のコンピュータ教育

先端分野の法律を扱う本学科では、法学部としては異例の先進的なコンピュータ教育を導入しています。少人数の授業で「コンピュータを道具として使いこなす」技術を基礎から習得。判例の収集やプレゼンテーション用の資料の作成など、法律学習にパソコンを活用するノウハウも学べます。

プレゼンテーション力やコミュニケーション力を重視

・プレゼンテーション力やコミュニケーション力を重視

本学科で特に力を入れているのは、自分の意見や考えを外部にわかりやすく発信するプレゼンテーション力の育成。演習をはじめ多くの授業が少人数制ですから、学生は発言や発表の機会に恵まれ、表現力やコミュニケーション力も鍛えられます。