明治学院大学 法学部 公式サイト

search
法律学科

法律学科-学びの特色

法律学科の学びと「法曹コース」

法律学科では、実定法分野、基礎法分野をはじめ、知的財産権、消費者法、環境法などの最先端分野にいたるまで、豊富な科目を提供しています。

さらに、2020年4月より法律学科に法曹コースを設置。法学部を3年で早期卒業し、法科大学院入学から2年目に司法試験を受験。1年間の司法修習を終え、法曹資格を取得できます。

早稲田大学・中央大学・慶応義塾大学・明治大学・千葉大学・東京都立大学の6つの法科大学院との連携協定を締結(※協定のない法科大学院も選択可能)。法曹コース志望者は任意で、2年次からのエントリー制となります(1年次秋学期にプレエントリー)。

少人数制&1年次からゼミ参加

・少人数制&1年次からゼミ参加

「わかる人だけわかる」ではなく「全員がわかる」授業をめざして、4年間にわたり少人数教育を徹底。少人数で専門分野を学ぶ「ゼミ」も1 年次から行うことで、早い時期から教員との信頼関係を築き、高学年次のより専門的な学習の土台を固めます。

豊富な科目を柔軟に履修

・豊富な科目を柔軟に履修

140 を超える科目が用意され、その中には「成年後見法」など時代のニーズに応える注目の科目もいろいろ! さらに消費情報環境法学科の消費者法関連科目や環境関連科目などを、学科の垣根を越えて履修できるのも魅力です。

履修モデル

・難関の公務員試験に備えたサポート

公務員セミナー」を開講し、週2~3回プロの外部講師による公務員試験講習会を実施。ダブルスクールの必要がなく、キャンパス内での学習で最後まで高いモチベーションで取り組めます。