1. HOME
  2. 在学生の方へ
  3. 教育支援制度(特別TA制度)

教育支援制度(特別TA制度)

法律学科・消費情報環境法学科・グローバル法学科では、『特別TA制度』を 導入しています。
他の学科にはない学習支援制度ですので、積極的に質問・相談し、制度を大いに活用してください。

      

特別TA(ティーチングアシスタント)制度

他大学の法律系学科にはない
特別TA制度

大学での講義は、受講生が100人を超えるような大講義や演習形式の授業など、高校での授業とはだいぶ様子が異なります。さらに、内容的にもこれから主として学ぶことになる法律学は、1つの事柄に対してもさまざまな考え方があり、どの考え方が正しいといった結論が1つとは限らない学問であるとともに、学習にあたり、条文や判例を数多く参照することが要求されます。そのため、初めて大学で法律学を学ぶに際しては、どのように勉強したらいいのか、とまどうことも多いと思います。そこで、皆さんの学習を支援するために設けられた新制度が、この「特別TA制度」です。

具体的には、若手の法律学研究者である特別TAが、皆さんの授業内容についての質問に答えたり、法律の勉強方法に関する相談に乗ります。また、演習科目での報告にあたり、レジュメの作成方法等の準備の仕方や、個別の授業で提出するレポートの書き方などについても指導します。
特別TAは現在大学院博士課程に在籍中のまたは終えた若手研究者であり、皆さんとは年齢的にも近いので、教員よりも特別TAのほうが質問しやすいということもあるでしょう。他の学科にはない学習支援制度ですので、積極的に特別TAに質問・相談し、この制度を大いに活用して下さい。

利用方法

場所
  • 白金キャンパス…ヘボン館5階 7509教室
  • 横浜キャンパス…1号館2階 法学部特別TA室
常駐時間
(定期試験期間を含めた学期期間中)

白金キャンパスも横浜キャンパスも、定期試験期間を含めた学期期間中、月曜日から金曜日の10:15~18:30です。

  • 常駐時間内に質問とその対応が終わるように来室してください。

白金校舎

藤井 秋山 山口(哲) 大上 川澄
山口(詩) 上野 今枝 小出
       

横浜校舎

岡田 上野 大上 秋山 山口(詩)
尾棹 川澄 今枝 藤井
  岡田   小出

特別TA(ティーチングアシスタント)紹介