明治学院大学 法学部 公式サイト

search
政治学科

政治学科-学びの特色

学びの特色

政治学科では、定員が120名と少ないことを利用して、少人数教育を徹底しています。そのほか、理論と現場の両面から学ぶ仕掛けや、アクティブな学びがあることも特徴です。

少人数で学ぶ

・少人数で学ぶ

政治学科では1年次から全員がゼミに参加。3,4年次のゼミは卒論執筆に向けて、2年間の一貫した教育を行います。ゼミの平均人数は15名以下と少人数教育を徹底。学生同士のほか学生と教員との距離が近いことも特徴です。問題解決能力を、徹底的に鍛えます。

多様な科目を柔軟に履修

・理論と現場の双方を学ぶ

政治現象は、まさに現場にあります。現象を一般化する理論のみならず、実際の現場がどうであるのか、自らが足を運び、目で見て、耳で聞いて、感じ取ることも大事です。そこで、政治学科では、自分の問題設定で社会の実際を学ぶ科目を設けているほか、読売新聞東京本社と協力し、「現役記者によるリレー講義(総合講座)」も用意しています。新聞記事の裏側を知ることができる貴重な機会です。また、The Japan News担当者に英字新聞の読み方を習う「時事英語」も開講しています。現場を知るだけでなく、私達が主体的に情報を取捨選択するための技術、メディア・リテラシーの向上にも役立っています。

多彩なゼミで学ぶ

・参加・活動から学ぶ

社会が抱えるさまざまな問題を分析し、望ましい社会を築く方法を立案する力を育成するため、主体性をはぐくむ教育も行っています。学生自らがアポイントメントを取り、新聞社、政党、NPOなどにインタビューに行く仕掛けがあるほか、学生主体でゼミ対抗の政治討論会、有名政治家の講演会を企画・運営するアクティブな学びが特徴です。(⇒ここがポイント参照)