1. HOME
  2. 学科紹介
  3. グローバル法学科

グローバル法学科

Department of Global Legal Studies

「法」に軸足をおき、世界と日本をつなぐ人材を育成

2018年4月、明治学院大学法学部に新設されたグローバル法学科。「法的な解決能力」に加え、グローバル社会において必要とされる「実践的なコミュニケーション能力」「柔軟な異文化理解力」を修得し、リーガルマインドを身につけたグローバル人材を育成します。2年次には全員が英語圏の大学に留学。現地での授業や生活を通じて実践的に法や異文化を学びます。

法的解決能力を身につけた
グローバル人材の養成

海外進出による国際化だけでなく、エスニシティの多様化にともなう「内なる国際化」も急速に進行しています。このような国際化社会において生じるさまざまな法的問題を解決する能力を身につけたグローバル人材を養成します。

全員が英語圏に留学

2年次秋学期に全員が留学。留学先では英語や現地の法律を学び、人々に触れあう中で異文化を体験します。
さらに、学科オリジナルの英語カリキュラムを用意。留学後も法律英語やビジネス英語を学ぶ科目を設置しています。

法的観点からSDGsを考える

必修科目のグローバル法入門のほか、国連大学講座、国際人権法、国際環境法、グローバル企業法など、SDGsと深くかかわる科目を数多く提供。
サステナブルな社会を実現するためのグローバルな課題を法的観点から学ぶことができます。

留 学全員が英語圏に留学、世界で実践的に英語・法律・文化を学ぶ

学科独自の英語教育と留学制度

留学を必修とした英語教育が特徴の本学科。2年次秋学期に、全員が英語圏の協定校に留学します。安心して留学に臨むため入学直後から準備講座を開講。留学先では英語や現地の法律を学び、人々と触れ合う中で異文化を体験し、グローバルな視野を持った法的な解決能力、コミュニケーション能力、異文化理解力を実践的に養います。

2年次秋学期に全員が留学

グローバル法学科の海外留学は、明治学院大学に在籍しながら、2年次秋学期に必修科目として全員が英語圏の協定大学に留学し、「海外英語学習」および「海外法学学習」を履修するという制度です。
このように学科科目の一つとして位置づけられる留学は「カリキュラム留学」と呼ばれ、大学のカリキュラムとは別個に、学生が任意で参加する短期留学や交換留学など他の留学制度とは異なります。

選べる5か国の留学先

地図

2年次の秋学期、およそ4〜5か⽉間をかけ、留学先で実践的に英語・法律・⽂化を学びます。
国・カリキュラム・滞在⽅法、期間など、さまざまな条件から選択することができます。

  • 希望者が集中した場合は、選考となります。
  •      
  • 渡航制限や協定校の事情等により、留学を実施しない場合もあります。なお、2021年度は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大のため、留学先協定校へのカリキュラム留学をすべて中止し、国内代替措置を実施しました。
アイルランド
アメリカ
イギリス
オーストラリア
カナダ
写真:花の咲いているアデレード大学中庭

オーストラリア/アデレード大学

南オーストラリア州の州都にある名門大学でオーストラリア8大学の一つ。学術レベルは高く、法学分野ではトップレベルです。

留学期間 19週間/滞在方法 ホームステイ

長い歴史を持ち留学生の受け入れに伝統のある大学

アデレード大学は、南オーストラリア州の州都であるアデレードにメインキャンパスを置く公立大学です。1874年に設立された本校は、シドニー大学、メルボルン大学についでオーストラリアで3番目に長い歴史を持つ大学です。その歴史やこれまで5人のノーベル賞受賞者を輩出してきた研究実績などから、オーストラリアのトップレベルの8大学で構成され、オーストラリア版アイビー・リーグと呼ばれている「Group of Eight」に属しています。 また、オックスフォード大学に留学する優秀な学生に贈られるローズ奨学金を、これまで100名以上の学生が授与されています。留学生の受け入れにも伝統があります。
アデレード大学のメインキャンパス(ノース・テラス・キャンパス)は、アデレード空港からバスで約30分のアデレードの市街地にあります。オーストラリア南部で最も発展しているアデレードは、碁盤の目状に区画整理された美しい待ち並み、歴史的な石造りの建物、広大な美しい公園があります。ノース・テラス・キャンパスの図書館Barr Smith Libraryも歴史的な建造物で、アデレード州の文化遺産に登録されています。

  • 写真:アデレードの街並み
  • 写真:アデレード大学のキャンパス
  • 写真:アデレード大学の校舎内
  • 写真:アデレード大学の図書館
  • 写真:アデレード大学の歴史的な石造りの外観
  • 写真:アデレード大学の講義の様子
  • 写真:アデレード大学の講師
  • 写真:アデレードの街の大通り
写真:オーストラリアン・カソリック大学

オーストラリア/オーストラリアン・カソリック大学

国内に多くのキャンパスを持つ国立総合大学。留学先のキャンパスはビクトリア州の州都メルボルンにあります。

留学期間 22週間/滞在方法 ホームステイ

3つの州にまたがる7つのキャンパスを有する総合大学

オーストラリアン・カソリック大学(ACU)は、オーストラリアの3つの州にまたがる7つのキャンパス(シドニー、ブリスベン、キャンベラ、メルボルン、バララットなど)を有する公立の総合大学です。
19世紀に設立されたローマ・カトリック系の高等教育機関等が1991年に統合されてACUが誕生しました。ACUはカトリック教徒であるか否かに関わらず学生を受け入れています。ACUの学部は芸術、科学、教育、保健科学など多岐にわたっており、なかでも看護学、保健科学、心理学、ビジネス、情報科学の分野で高く評価されています。
グローバル法学科の学生はメルボルンにあるセント・パトリックス・キャンパスで学びます。
メルボルンは、美しい街並み、歴史的な石造りの建物、広大な美しい公園があり、「世界でもっとも住みやすい都市」に選ばれたこともあります。セント・パトリックス・キャンパスでは、現在、約10,000人の学生が学んでいます。キャンパスはメルボルン中心部に位置し、美しい公園や美術館に囲まれ、またキャンパス内にもカフェ、スポーツジム、書店などがあります。

  • 写真:オーストラリアン・カソリック大学の正面
  • 写真:オーストラリアン・カソリック大学の外郭
  • 写真:オーストラリアン・カソリック大学のキャンパス
  • 写真:オーストラリアン・カソリック大学の校舎内
  • 写真:オーストラリアン・カソリック大学の教室
  • 写真:オーストラリアン・カソリック大学の高い教壇のある教室
  • 写真:オーストラリアン・カソリック大学の会談のある玄関
  • 写真:オーストラリアン・カソリック大学の講義の様子
  • 写真:オーストラリアン・カソリック大学の会談のある玄関
  • 写真:上空から見たオーストラリアン・カソリック大学
写真:カルガリー大学の外観

カナダ/カルガリー⼤学

カナダ中⻄部アルバータ州カルガリーにある総合⼤学。
研究⼤学として⾼い評価を受けています。

留学期間 23週間 / 滞在⽅法 ホームステイ

カルガリー市街地の面積を上回る広大なメインキャンパス

カルガリー⼤学は、明治学院⼤学法学部の創設と同じ1966年に、アルバータ⼤学カルガリー校から独⽴する形で設⽴されました。現在はカナダ有数の総合⼤学に発展し、約25,000⼈の学部学⽣、約6,000⼈の⼤学院⽣が学んでいます。
グローバル法学科の学⽣は、カルガリーの中⼼部から電⾞で10分程度のメインキャンパスで学びます。キャンパス内は広⼤で、カルガリー市街地(ダウンタウン)の⾯積を上回るそうです。カナディアンロッキーの⽞関⼝であるカルガリーは、ウインタースポーツの聖地として世界的に有名です。
グローバル法学科の学⽣は、カルガリー⼤学のEnglish Language Program で英語を学び、また、専⽤にカスタマイズされたプログラムを通じてカナダの法律や司法制度を学びます。

  • 写真:カルガリーの街並み
  • 写真:カルガリーの路面電車
  • 写真:雪の積もったカルガリー大学
  • 写真:カルガリー大学のカフェテリア
  • 写真:上空から見たカルガリー大学
  • 写真:カルガリー大学の講師
  • 写真:カルガリー大学のキャンパス
  • 写真:カルガリー大学のロビー
  • 写真:混んでいるカルガリー大学のカフェテリア
  • 写真:カルガリー大学の駐輪場
写真:ウィスコンシン大学の校舎

アメリカ/ウィスコンシン大学ミルウォーキー校

ウィスコンシン州最大の都市ミルウォーキーにある州立大学。五大湖の一つミシガン湖の湖畔にキャンパスは位置しています。

留学期間 17週間 / 滞在⽅法 寮

多様性があるキャンパスで法学に関係するテーマなども取り上げる

ウィスコンシン大学ミルウォーキー校は、公立の大学で1956年に創建されました。現在は、14学部学科で22,284人の学部学生が勉強しています。ウィスコンシン州立大学の中に一番多様性のあるキャンパスだそうです。
ミルウォーキー校はダウンタウンからバスで15分で、ミシガン湖までわずか5分です。ミシガン湖でビーチバレーボール、サイクリングなども楽しめるそうです。ミルウォーキー市はアーバンな雰囲気がありますが、ややコンパクトです。様々な美術館があり、有名なミルウォーキー映画祭や様々なライブが開催されており、芸術が盛んになっている都市です。レストランも豊富であり、名物のチーズだけではなく、エスニック系のレストランも少なくありません。野球、バスケットボール、ホッケーなどのスポーツ観戦も一年中楽しめるそうです。シカゴも車で90分の距離です。
ウィスコンシン大学ミルウォーキー校ではIntensive English Programで英語に専念しながら、法学に関係するテーマも取り上げます。

  • 写真:ウィスコンシン大学のカフェテリア
  • 写真:ウィスコンシン大学のキャンパス
  • 写真:ウィスコンシン大学のキャンパス
  • 写真:ウィスコンシン大学の噴水
  • 写真:ウィスコンシン大学の講師
  • 写真:ウィスコンシン大学の廊下に立つ講師
  • 写真:ウィスコンシン大学の教室
  • 写真:パソコンの前に座るウィスコンシン大学の生徒達
  • 写真:パソコンが並べられたウィスコンシン大学の教室
  • 写真:ウィスコンシン大学の教室
写真:サンノゼ州立大学の校舎

アメリカ/サンノゼ州立大学

カリフォルニア州サンノゼにある大規模州立大学。各国からの留学生を含む約30000人の学生が学んでいる。

>留学期間 15週間 / 滞在⽅法 寮

「シリコンバレーの首都」の都市型キャンパスで英語と法律を学ぶ

サンノゼ州立大学は1857年に創立されたカリフォルニア州サンノゼにある大規模州立大学。23校が所属するカリフォルニア州立大学機構の創設校として、当初は、教員養成からスタートしましたが、現在では200以上の大学・大学院課程を設けるまでに発展しました。グローバル法学科の学生は、サンノゼの中心部に立地する都市型キャンパスで英語と法律を学びます。
サンノゼはサンフランシスコ湾南岸に位置し、サンフランシスコから鉄道で1時間~1時間半程度の距離にあります。半導体・コンピュータ関連の産業が集積するシリコンバレーの中心都市で、「シリコンバレーの首都」を名乗っています。実際に、多くの卒業生がAppleやGoogleなどで活躍しています。

  • 写真:サンノゼ州立大学の夜の風景
  • 写真:サンノゼ州立大学の入口
  • 写真:サンノゼ州立大学の門
  • 写真:サンノゼ州立大学でのバーベキュー
  • 写真:サンノゼ州立大学の生徒たち
  • 写真:サンノゼ州の自然
  • 写真:サンノゼ州の大通り
  • 写真:サンノゼ州の夕日
  • 写真:サンノゼ州の夜景
  • 写真:サンノゼ州の山
  • 写真:サンノゼ州の荒野
  • 写真:サンノゼ州の乾燥地帯
  • 写真:サンノゼ州の山脈
写真:リーズ大学の外観

イギリス/リーズ大学

イングランド第3の都市リーズの街中ににワンキャンパスを持つ代表的な研究総合大学。イギリスの名門大学赤レンガの一つです。

留学期間 19週間 / 滞在⽅法 寮

ノーベル賞受賞者を輩出するイギリスでも有数の名門大学

リーズ大学は1904年に設立されましたが、その起源は19世紀にさかのぼり、1831年にリーズ医学部、1874年にはヨークシャー科学大学が設立されました。世界で最も国際的な大学40校の一つにランクされています。
ノーベル賞受賞者も輩出し、研究面でも世界の大学ランキングトップ100に入る研究大学です。都市、気候、文化、エネルギー、食糧、健康、水の7つの世界的な課題に貢献することを謳っており、自然科学系だけではなく、社会科学、人文科学研究でも知られています。また、イギリスには、名門赤レンガ大学が6大学ありますが、その中の一つです。
イギリス最大級のシングルサイトキャンパスは、イングランド第3の都市であるリーズの中心部から歩いてすぐの場所にあります。すべてのものが一か所に集まっており、移動もとても簡単です。大学は、豊かな文化的生活を送る創造的なコミュニティであり、芸術などの面でも多くの機会を提供しています。

  • 写真:上空から見たリーズ大学
  • 写真:夕暮れのリーズ大学
  • 写真:リーズ大学の中庭
  • 写真:夜間にライトアップされたリーズ大学
写真:ダブリン大学の正面

アイルランド/ダブリンシティ大学

アイルランドの首都ダブリン郊外に所在。アイルランドでは珍しい日本語研究・教育を行っている大学。法律・行政のコースがある。

留学期間 21週間 / 滞在⽅法 ホームステイ

アイルランドの中でも、最も新しい先進的な世界的総合研究大学

ダブリンシティー大学は、1980年に、1975年創設の国立専門学校(National Institute for Higher Education)本部とダブリン校を母体に組織改編され、1989年に現在のようなダブリンシティー大学になりました。アイルランドの中でも、最も新しい先進的な大学で、最新鋭の設備とアイルランド国内でトップのアカデミックリサーチレコードを誇る、世界的な総合研究大学です。
キャンパスの場所は、アイルランドの首都であるダブリンの北部郊外のグラスネヴン(Glasnevin)に位置し、ダブリン市内からダブリンシティー大学までは、バスで約20分程度の場所にあります。
現在、ビジネススクール(Dublin City University Business School, DCUBS)、工学&コンピュータ学部、人文科学&社会科学部、科学&健康学部、の4学部から構成され、学生数約12,000人を擁する総合大学となっています。
ダブリンシティー大学は、アイルランドで唯一、日本語・日本文化専攻を設けている大学で、人文科学&社会科学部に応用言語学&異文化研究科があり、学生は、そこで日本語・日本文化を学ぶことができます。また、この学科以外でも、外国語選択単位に日本語の履修が可能で、日本語・日本文化の教育・研究に熱心な大学です。また、人文科学&社会科学部には、法律学&政治学科があり、学生は、ここでアイルランドの法律学や政治学を学ぶことができます。大学の図書館は広くて静かです。また、構内にはパブもあり、色々な人と話せる環境にあります。

  • 写真:道路工事をしているダブリンの大通り
  • 写真:ダブリンの住宅地と道路
  • 写真:ダブリンの並木道
  • 写真:ダブリンシティ大学の広場
  • 写真:ダブリンシティ大学の講義の様子
  • 写真:ダブリンシティ大学内の書店
  • 写真:ダブリンシティ大学内の売店
  • 写真:ダブリンシティ大学内の運動施設の正面
  • 写真:ダブリンシティ大学内の運動施設
  • 写真:ダブリンシティ大学の講師
グリフィス・カレッジの外観

アイルランド/グリフィスカレッジ

アイルランドの首都ダブリン郊外に所在。ダブリンのほか、リムリック、コークにもキャンパスを構え、約7000 人の学生が学ぶ。

留学期間 16週間 / 滞在⽅法 ホームステイ

充実した英語・法学教育プログラムを有するアイルランドの名門私立カレッジ

グリフィス・カレッジは、ダブリン、リムリック、コークにもキャンパスを構え、留学生を含む、約7000 人の学生が学んでいます。大規模な大学ではありませんが、法学のほか、ビジネス、コンピューター、メディアなどの分野でも実績をあげています。グローバル法学科の学生が学ぶダブリンのキャンパスは、ダブリン中心部からバスで15分ほどの距離にあります。英語の授業は、グリフィス語学研究所(GIL)が運営し、また、法学のプログラムは、講義だけでなく民刑事の裁判所や刑務所などの見学を含めた充実したものとなっています。

  • 写真:グリフィス・カレッジの校舎
  • 写真:グリフィス・カレッジの正門
  • 写真:ダブリンの街並み
  • 写真:グリフィス・カレッジの職員
  • 写真:グリフィス・カレッジの図書館
  • 写真:グリフィス・カレッジの歴史のある外観
  • 写真:グリフィス・カレッジのグラウンド

留学費⽤について

「カリキュラム留学」においては、学生が留学先の大学において履修すると同時に、その履修は明治学院大学グローバル法学科の科目として単位認定されます。そのため、留学期間中は、明治学院大学にお支払いいただく通常の学納金に加えて、留学先の大学に支払う留学費用(学費や滞在費など)が併せて必要になります。
明治学院大学は、こうしたカリキュラム留学を支援するために、それを行う学生全員に対し、『カリキュラム留学生奨学金』(下記参照)として25万円(返済不要)を支給する制度を設けています。

  • 使⽤ルートや経済事情等により、航空運賃及び諸費⽤は増減することがあります。
  • 留学期間中は、留学先の⼤学に⽀払う留学費⽤(学費や滞在費など)と併せて、明治学院⼤学における通常の学納⾦をお⽀払いいただく必要があります。

⼤学独⾃の留学⽀援制度

本学では、返還不要の「給付」奨学⾦として『カリキュラム留学⽣奨学⾦』制度があります。給付⾦額は、25万円。グローバル法学科の全員留学はカリキュラム留学であり、この制度を利⽤して充実した留学の実現が可能です。また、留学を⽬的とするTOEFL®、IELTSなど語学関連の課外講座も充実しています。
さらに、法学部のOB・OG組織「白金法学会」による返還不要の給付奨学金『海外留学支援奨学金』(法学部各学科3名・計12名に20万円支給)を利用することもできます。

留学に関するQ&A